血流を改善して病気を遠ざける健康法


『血流がすべて解決する』(サンマーク出版)を電車の広告で見て買ってきました。
著者で漢方薬剤師の堀江昭佳さんは、テレビ出演して大反響となりました。
堀江さんの血液に注目した健康法は「血液サラサラ」だけではなく、血液の量を増やし、質を高めるという点です。
漢方的には、日本人女性の約半数は血液が足りないとみられているようです。
健康診断で正常の範囲だった人にも血液の不足がみられます。
血液が足りないと、まず疲れやすくなり免疫力低下をまねきます。
さらにいろんな婦人科系の疾患を引き起こす危険性があるのです。

胃腸の弱さが血液不足の原因

血液不足の原因は、血液を「つくる」ことができない体質が考えられるようです。
胃腸が弱ると栄養をうまく吸収できず、血液の原料が体に入りにくくなります。
胃腸の機能を回復させるのは、まず腸を休ませることが大切です。
現在は、かつてないほどに食事を摂っています。
食べ続けていると、腸はメンテナンスする時間がありません。
その為には空腹時間を増やして胃腸を休ませることが重要とのこと。
朝食ではなく夕食を抑える方法をオススメしていました。
そして食事を摂るなら、腹八分目を心がけたいと思います。

腹八分目が身体を回復させる理由とは
延命遺伝子(サーチュイン遺伝子)は飢餓状態の時にしか現れないのです。
最近の研究で発見された延命遺伝子は、あらゆる動物実験の結果、食事量を4割減らすと寿命が約1.5倍に延びることが証明されました。
posted by アラフォー女性 at | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

血管の老化を止める豆腐と青魚の新事実


動脈硬化を引き起こす大きな原因は「高血圧」と「高コレステロール」と言われます。豆腐.png
近年、この原因を予防・改善できる食材があることが判明したとのこと。
TV番組「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で詳しく放送されます。
血管の老化をストップする食材は『豆腐と青魚』といいます。青魚.png


豆腐に含まれる栄養素

今年9月、「国立循環器病研究センター」からこんな研究成果が発表されました。
「豆腐」に含まれる栄養素を多く摂取している人は、あまり摂取していない人に比べ、心筋梗塞発症のリスクがおよそ30%も低かったそうです。
その栄養素には、余分な塩分を身体の外に排出する働きがあるとのこと。
高血圧を防ぎ、血管の老化を止める効果が期待されている栄養素なのです。

青魚が血管の老化を止める

青魚のDHAやEPAが血液サラサラにして、血管を若返らせてくれるのは有名ですね。
番組では、最新研究で「青魚が血管の老化を止める」という新たな真実なのです。
青魚を食べることで身体に変化が起きるのは、「コレステロール値」だといいます。
今回紹介する研究では、青魚には善玉を増やさなくても、血管にたまった悪玉を減らすパワーがあることがわかってきたというのです。

一日に必要なEPAやDHAを青魚で摂取するなら、イワシなら一匹で摂れます。
詳しくは⇒青魚のEPAやDHAで免疫力向上
posted by アラフォー女性 at | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピーナッツの薄皮でアンチエイジング


ピーナッツの薄皮には、老化を遅らせたりする効果が期待できるといわれています。ピーナッツの薄皮.jpg
アントシアニンとレスベラトロールなどのポリフェノールが含まれています。
ポリフェノールは、強い抗酸化作用で、アンチエイジング効果があります。

ピーナッツ薄皮はすぐれた抗酸化食品

ピーナッツの薄皮には、なんとレスベラトロールが含まれているのだそうです。
長寿遺伝子と言われるサーチュイン遺伝子を活性化させて老化を遅らせたりします。
老化を防ぎ、若さを維持してくれるというアンチエイジングの強い見方です。
ピーナッツ(落花生)には、脂質と良質のタンパク質が多く含まれています。
さらに、ミネラル分やビタミン類といった栄養素がバランスよく含まれています。

また、ピーナッツの薄皮にしか含まれていない成分もあります。
それらは女性ホルモンを整えて更年期障害や生理不順の改善に期待ができます。
また、PMS【月経前症候群】の改善にも効果があるといわれています。
落花生を購入するときは薄皮の付いたものを食べるのがオススメです。

関連情報

ピーナッツの薄皮は栄養価にすぐれ、免疫力を高める健康食品です。
病原菌に対する免疫力を高めていると、ちょっとしたことでは病気に負けることはないでしょう。

posted by アラフォー女性 at | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク