昼間の眠気は過眠症かもしれません


昼間眠気に襲われてしまうことが続くことはありませんか?
昼間眠気.jpg

もしかして「過眠症」かもしれません。

過眠症とは、夜眠っているにもかかわらず、日中に強い眠気が生じ社会生活に支障がでるような状態のことを言います。

病気が原因で過眠が起こる場合も考えられます。

過眠の主な病気は、「睡眠時無呼吸症候群」「ナルコレプシー」「特発性過眠症」「反復性過眠症」などがあります。

睡眠時無呼吸症候群は睡眠中に繰り返して呼吸が止まってしまう現象です。

本人は呼吸が止まっている自覚がありませんが、睡眠を著しく妨げるために睡眠不足となり、日中に強い眠気に襲われるようになります。

睡眠時無呼吸症候群は放っておくと生活習慣病を悪化させます。

眠気が1か月以上続く場合は、PSG検査などを受け原因を調べることをおすすめします。


【関連情報】

眠気覚ましや、リラックスを期待して飲むことの多いコーヒーですが、糖尿病やガン、高血圧、脳卒中、心臓病など、生活習慣病予防に役立ちそうなことや、さらに肥満解消にもコーヒーが役立つということが最近の研究で成果が発表されています。

2015年04月04日(土) 「注意!昼間の眠気」と題して放送されます。
昼間眠気に襲われたとき、単なる寝不足と考えていると思いもかけない病が原因の場合がある。
眠気と共に表れる症状別に眠気を引き起こす病を見つけ、解決する方法を一挙に紹介する。
posted by アラフォー女性 at | 過眠症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク