低反発枕「お医者さんのぐっすりまくら」で快適睡眠


普段の生活に姿勢が大切なように、睡眠時の姿勢、つまり寝姿勢も私たちの健康を考える上でとても重要なものです。

寝姿勢によって朝起きた時の体の軽さが確実に違ってきます。


しかし、枕が合わないせいで体に無理がかかり、肩こりや頭痛、不眠といった症状を引き起こして、それがさまざまな病気の引き金になっていることが多いのです。


寝るときに枕をするのは、頚椎のカーブを立っている時に近い状態に安定させるためです。
そのため、枕は頭を支えるだけでなく、首までしっかり支えることが出来なければ快適睡眠になりません。


質の悪い睡眠は生活習慣病の罹患リスクを高め、かつ症状を悪化させることが分かっています。
実際に慢性的な寝不足状態にある人は糖尿病や心筋梗塞や狭心症などの冠動脈疾患といった生活習慣病に罹りやすいことが明らかになっています。


首を支えて頚椎への負担を軽減できるよう開発された低反発枕が、「お医者さんのぐっすりまくら」です。
有名な先生が理想的な寝姿勢を研究・考案した低反発安眠枕です。
普通の低反発枕とは違う独自の構造「ネックパッド」「ダブルウレタン構造」で理想的な寝姿勢、スムーズな入眠をサポートします。

睡眠時はレム睡眠とノンレム睡眠が交互にくるという仕組みはよく知られています。
一晩に4〜5回の周期で交互に現れるのですが、睡眠の深度は最初の90分後にくる1度目のノンレム睡眠が最も深くなります。

その後に訪れるノンレム睡眠は、1度目以上の深度に達することはありません。
つまり、深い眠りと目覚めの爽快感は最初の90分の入眠にかかっているのです。

「お医者さんのぐっすりまくら」は、医師が理想的な寝姿勢を研究し考案した、独自の構造の低反発安眠枕です。

普通の低反発枕とは一味も二味も違い、細部まで計算された構造と寝心地で、スムーズな入眠をサポートし、レム睡眠/ノンレム睡眠の自然なリズムを整え、朝の目覚めが爽やかになります。
posted by アラフォー女性 at | 狭心症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク