東洋医学の概念 - 未病を治す


東洋医学は予防に関して「未病を治す」という独特な概念を持っています。
「未病」という言葉、最近TVや新聞などでよく見かけますが、そもそも未病は、およそ2,000年前に編纂された現存する中国最古の医学書「黄帝内経」の中において、はじめて登場した言葉とされています。
日本では江戸時代、貝原益軒の「養生訓」に、この未病について書かれた箇所があります。
女性の横姿.jpg
未病とは、一言でいうと「半健康で、病気に進行しつつある状態」とされています。
未病を治すとは、健康そうに見えるけれど、身体の中の崩れかけているバランスを直すということです。
単なる東洋医学の言葉として捉えられていたこの「未病」、最近になってクローズアップされてきているのは、いったいナゼでしょうか。

その最大の理由は、現代社会に暮らす私たちの健康をおびやかす高血圧、メタボリック・シンドローム、脂肪肝などの危険因子が、日本人の全死因の6割を占めている「三大成人病(ガン・心臓病・脳卒中)」につながる、まさしく「未病」そのものであるからです。
東洋医学は、鍼灸治療、マッサージ治療、電気治療でツボを刺激することより血液循環をスムーズにし、疲労やコリ、ストレスを取り除く治療ですから予防医学と一石二鳥の効果があるのです。

東洋医学では、体の変調を起こす要因として、精神的ストレス、食生活の乱れ、過度な労働、不摂生な生活などがあげられます。
高血圧・高血脂症・脂肪肝・糖尿病などの生活習慣病に対しては、治療よりも予防が大切で、毎日の生活習慣を正すということです。
私達は未病という東洋医学の知恵を生かし、ライフスタイルを是正してゆかなければならない時代にきているといえるでしょう。


★この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます★
石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法
東洋医学では、臓器(五臓六腑)の働きを一つの生命力と考え、互いに協力し合って、また影響し合って生命活動を営んでいると考えます。
これは自律神経失調症の場合も同じで、頭痛やめまい、不眠症などの各症状に着眼点をおくのではなく、あなたの自律神経失調症の真の原因に着目し、そこに対して処置を行います。
つまり、根本原因に対する処置を行うのです。
その結果として、体が正常に回復することにつながります。
そして自律神経失調症を根本から改善し、再発予防へ、最終的には健康的な体になることを目指します。

posted by アラフォー女性 at | 脂肪肝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク