よく噛んで肥満を防ぐ生活習慣病予防


昔は、親が子供に口うるさく「ご飯はよく噛んで食べなさい」と言ったものです。よく噛む.jpg
ところが、柔らかい食品が増え“噛まない”日本人が増えたようです。
柔らかい食事は、よく噛まないため「食べ過ぎる」で肥満の原因に。

よく噛まないとメタボに

食事での咀嚼回数が減れば「噛む力」は自然に弱くなります。
噛む力の低下と「メタボ」との間に関係性があることが研究で明らかにされています。
メタボリックシンドロームは、生活習慣病の危険を示すサインなのです。
脳卒中や心筋梗塞、糖尿病など、死に関わる疾患の発症リスクが高まるといわれます。
そして、近年の医学界では、口腔健康とメタボとの関係が注目されているようです。
噛む力の低下は、歯並びの乱れや「顎関節症」の原因のひとつにもなるのです。
また、「口呼吸」を招き、免疫力の低下や認知機能の低下などの悪影響を及ぼします。

よく噛んで肥満を防ぐ

厚労省は、食事のときに一口30回以上噛むことを目標といわれています。
ご飯を主食とする日本食は、咀嚼回数を増やすのに適した食事と考えられています。
また、よく噛むためには、歯を大切にすることも重要になります。
30歳を過ぎて歯を失う原因の約9割が歯周病だと言われています。
歯を健康に保つために定期的な歯科検診を受診することもお薦めします。

関連情報


posted by アラフォー女性 at | メタボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

節分の豆・大豆は生活習慣病予防にも効果


鬼瓦.jpg今日、2月3日は季節の分かれめを意味している節分の日ですね。

立春・立夏・立秋・立冬それぞれの前日はすべて節分でした。


中でも新年の始まりに相当する春の節分は、新しい年の始まりと考えられ重要視されました。

大豆.jpg節分の大豆ですが、昔から「畑の肉」といわれるほど、とても栄養価の高い食品です。


大豆は豆の王様だと言われ、豆類の中でもタンパク質の含有量が最も多く、体内で合成できない必須アミノ酸をバランスよく含んでいます。

現代人の食生活は動物性タンパク質や脂質の摂取が増えてきており、それに伴い肥満からメタボリックシンドローム(メタボ)など生活習慣病も増えてきています。

これを防ぐには、動物性タンパク質を減らし、植物性タンパク質を多く摂ることが重要です。

大豆は植物性タンパク質を摂取するのに最適な食品なのです。

大豆には脂肪も含まれていますが、動物性脂肪のようにコレステロールを含んでいないという優れた点もあります。

大豆サポニンと呼ばれる成分は、抗酸化作用があり生活習慣病予防、がんの抑制の働きがあります。

大豆の加工品も大変多く、みそ、しょうゆ、豆腐、納豆など、毎日の食事に欠かせません。
和食を中心とした食生活を心掛けることで、自然に大豆の摂取量は増えます。
美容にも健康にも優れた効果を持つ大豆製品を摂ることをオススメします。
posted by アラフォー女性 at | メタボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク