冬の血圧管理のための安全入浴法


冬の寒い夜は、ゆっくりお風呂につかって体を温めたいものですね。入浴法.png
でも、冬のお風呂には危険な一面があります。
実は入浴に関連して亡くなる人は1年間で1万7千人と言われています。
その数は冬に圧倒的に増えているのが特徴です。

冬のお風呂が突然死につながる理由

暖房の効いたリビングから、暖房がない脱衣室に移動します。
そのような寒い脱衣室で裸になると、強烈な寒さが交感神経を刺激します。
体はこの非常事態に血管を収縮させ、急激に血圧を上げて対応しようとします。
また脱衣室の寒さに加えて、高温のお湯に入ると、さらに血圧が急上昇します。

寒い日は体を温めたいということで、お湯の温度を高めに設定しがちです。
裸になって熱い湯船に飛び込むと、一気に温熱刺激によって体に負担がかかります。
すると、寒冷刺激と温熱刺激のダブル効果で、血圧が急上昇してしまうのです。
入浴前後の急激な血圧の変化が脳梗塞や心筋梗塞につながることもあるのです。
実は冬にお風呂で亡くなる方が多いのは、この血圧の変化が原因と言われています。

安全対策は「温度差」を減らすこと

脱衣室はあらかじめ暖房をつけ、リビングとの温度差を減らす工夫をしましょう。
また、浴室そのものも、とても寒い時があります。
ふたを開けてお湯を張り、入浴前にシャワーのかけ流しで浴室を温めましょう。

お湯自体も冬こそ40℃までとして、熱くしすぎないことです。
湯船に入る前には十分にかけ湯をして、体を慣らしてから湯船に入るようにします。
冬の安全入浴法で、お風呂の健康効果を受けてください。

関連情報

posted by アラフォー女性 at | 心筋梗塞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

健康寿命を延ばす「粉豆腐」が今話題


皆さんも、健康に問題なく日常生活を普通に送れることを望んでおられると思います。
豆腐.jpg最近、「健康寿命」というキーワードが話題になっています。

テレビ番組も、主治医が見つかる診療所で「健康寿命を延ばす3時間SP」が放送されています。

健康長寿研究の第一人者といわれる諏訪中央病院の鎌田實 医師が、今注目しているのが「粉豆腐」です。

粉豆腐とは、高野豆腐を特殊な加工で粉末にした物です。
長野県飯田市は高野豆腐の生産量が日本一で、粉豆腐がよく食べられているようです。

粉豆腐に含まれている栄養素で注目するのが、「レジスタントタンパク」の働きです。
レジスタントタンパク(レジスタントプロテイン)は植物性タンパク質の1つです。

LDLコレステロール(悪玉コレステロール)値を下げる働きがあるといわれています。
その働きで動脈硬化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞など生活習慣病の予防ができます。

生活習慣病予防が健康寿命を延ばす事につながるのです。



【関連情報】 

2015.1.5 放送「健康寿命を延ばす3時間SP」
健康寿命とは「介護などの必要がなく健康的に生活できる期間」のこと。
寝たきりにならずに元気で長生きする為の、情報満載の3時間スペシャルです!
posted by アラフォー女性 at | 心筋梗塞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク