新型の脳卒中は血圧変動に要注意です


健康診断.gif血圧が高くなくても起こる、「脳卒中体質」が明らかになり驚きです。


2013年11月27日のNHK ためしてガッテンで放映されていました。

番組の内容によりますと、脳卒中体質は60代の4人に1人が危険領域にいるとされています。
脳内の血管が次々と詰まり、最悪の場合、血管がつぶれてしまうこともあるようです。

脳卒中体質の人はちょっとの刺激で血圧が変動しやすいのです。
この新型の脳卒中は、血圧変動が原因で起こります。

脳卒中体質の見分け方
自分が脳卒中体質かどうか見分けるには、血圧を測ればすぐわかります。
やり方は、まずふつうに座って測ったあと、一度立ってから座り、再び測ること。

この2つの上の血圧の差が15mmHg以上、上がっていたり下がっていたりしていると、脳卒中体質の疑いがあります。
繰り返し測定して、差が大きくでる場合は要注意です。

血圧変動の原因
血圧が変動してしまうのは、喫煙や加齢、ストレスなどが原因と考えられます。
血圧変動は誰にでもありますが、血管に柔軟性があれば、それほど変動しません。


睡眠の質.jpg血圧変動をなくすには、有酸素運動や減塩、睡眠の質を上げることがポイントです。
睡眠中は血管が柔軟性を回復する時間なので、ぐっすり眠れるような工夫をしてください。
posted by アラフォー女性 at | 脳卒中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク