キノコを食べればインフルエンザ症状が軽くなる


今年は寒さも厳しく、インフルエンザが猛威をふるっています。

そんな中、「キノコを食べるとインフルエンザに感染しても症状が軽くなる」という研究結果が発表されました。


キノコ.jpg
富山大学大学院の安東嗣修准教授(薬理学)がマウスを使った動物実験で初めて確認した。

普段からキノコで抵抗力をつけておけば感染予防につながるほか、副作用がある治療薬の使用量も減らせる可能性があるという。 

キノコ生産大手「ホクト」(長野市)との共同研究で、滋賀県で開かれた日本機能性食品医用学会で発表した。

マウスに体重の1000分の1に当たる約30ミリ・グラムのキノコを7日間与え、新型インフルエンザと同じA型H1N1ウイルスを感染させた。

その後も9日間、キノコを食べさせ、生存率や体重の減り具合を調べた。

生存率を比較すると、通常の餌しか与えなかったマウス群が5割だったのに対し、ブナシメジを食べた群は7割、ホワイトシメジの群は9割で、ホンシメジ群はほぼ10割だった。

また、感染後の体重の減り具合もキノコを食べた群の方が少なかった。

安東准教授は「キノコは安くて安定供給できるうえ副作用もないので、新薬開発に役立つ情報提供につなげたい」と話している。

キノコの特有成分「β‐グルカン」が、体内の免疫機能を活性化する。

つまり、ウイルスや細菌などの侵入を即座に感知し、無害化するしくみを強化します。

風邪やインフルエンザなどの感染症にかかるリスクを低減してくれます。

私は、キノコを毎日のように摂っていることが、風邪やインフルエンザに感染しない丈夫な体質を作っているのかもしれない。

鍋料理には欠かせないキノコ、鍋料理が大好きな私には極めて有り難い研究発表に思えます。
posted by アラフォー女性 at | インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

R-1乳酸菌ヨーグルトで風邪予防


R-1乳酸菌を含んだR1ヨーグルトを食べると、免疫力アップすることが話題になっています。


R-1乳酸菌は、ヨーグルトを作るために使用されるブルガリア菌のひとつで、多糖体を多く産生することやNK細胞(ナチュラルキラー細胞)の活性を高めることが特徴です。



ヨーグルト.jpg



NK細胞とは、リンパ球の一種で、体の中で細菌やウイルスの侵入を阻み、人体に入ってきたカラダにとって害のある細胞を見つけ次第攻撃して、やっつける働きがある細胞のこと。


NK細胞は、がん細胞を殺す働きをする、体の健康維持のために必要な免疫システムです。



このNK細胞の手助けをするといわれているのが、R-1乳酸菌で、ここ最近注目されている乳酸菌なのです。


なぜ、ヨーグルトや乳酸菌が免疫と関係があるのか気になるところですが、免疫力の7割くらいは腸で作られるそうです。



そのため、腸が弱いと免疫力も低下するということになるようです。


R1ヨーグルトを食べて乳酸菌を増やすことは、結果的に免疫力を高めることになるということですね。


また、ヨーグルトが作られる過程で乳酸カルシウムが生成され、これが水に溶けやすくカラダへの吸収率が非常に優れているとのこと。



▼免疫力とナチュラルキラー細胞(NK細胞)の重要性とその研究結果も報道されています。



山形県舟形町と佐賀県有田町で59〜85歳の住民計142人に、R-1乳酸菌を含むヨーグルトを1日90グラム、8〜12週間食べてもらい、食べない群と比べたそうです。


その結果、ヨーグルトを食べた群は食べる前より風邪をひくリスクが低下したことが分かったようです。


さらに、インフルエンザウイルスに感染させたマウスにR-1乳酸菌を含むヨーグルトを食べさせた実験では、ウイルスが減るなどインフルエンザウイルスの感染リスクを低下させる作用もありました。



アラフォーの私は、R-1乳酸菌を含むR1ヨーグルトを捜していると、近所のスーパーで売っているのを見つけてさっそく買いました。


明治乳業から、ドリンクタイプとソフトタイプが発売され、赤いパッケージなので目立ちます。



★免疫力に関する詳しいことはこちらを参考にして下さい★



■R1乳酸菌を使用したヨーグルトで免疫力アップ


ヨーグルトが免疫力をアップすることはよく知られています。


順天堂大学医学部特任教授(免疫学)の奥村 康氏と、有田共立病院(佐賀県有田町)院長の井上 文夫氏は、共同で健康維持における免疫力とナチュラルキラー細胞(NK細胞)の重要性とその研究結果に関するメディア向け説明会を都内で開催されました。



■免疫力を上げるキレイな腸内環境


腸がキレイだと、免疫力が高まって健康度がアップするのはもちろん、透明感のある美しい肌も手に入るのです。


キレイな腸を一言でいうと悪玉菌よりも善玉菌が多く生息している善玉菌を増やす腸内環境(腸内フローラ)なのです。


腸内環境が善玉菌優勢の細菌バランスであれば、ぜん動運動も活発になり、滞留便のないきれいな腸が保て、免疫力も高まります。


つまり、腸内の善玉菌を増やす、悪玉菌の増殖を抑えればキレイな腸が手に入るということです。

posted by アラフォー女性 at | インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク