血流を改善して病気を遠ざける健康法


『血流がすべて解決する』(サンマーク出版)を電車の広告で見て買ってきました。
著者で漢方薬剤師の堀江昭佳さんは、テレビ出演して大反響となりました。
堀江さんの血液に注目した健康法は「血液サラサラ」だけではなく、血液の量を増やし、質を高めるという点です。
漢方的には、日本人女性の約半数は血液が足りないとみられているようです。
健康診断で正常の範囲だった人にも血液の不足がみられます。
血液が足りないと、まず疲れやすくなり免疫力低下をまねきます。
さらにいろんな婦人科系の疾患を引き起こす危険性があるのです。

胃腸の弱さが血液不足の原因

血液不足の原因は、血液を「つくる」ことができない体質が考えられるようです。
胃腸が弱ると栄養をうまく吸収できず、血液の原料が体に入りにくくなります。
胃腸の機能を回復させるのは、まず腸を休ませることが大切です。
現在は、かつてないほどに食事を摂っています。
食べ続けていると、腸はメンテナンスする時間がありません。
その為には空腹時間を増やして胃腸を休ませることが重要とのこと。
朝食ではなく夕食を抑える方法をオススメしていました。
そして食事を摂るなら、腹八分目を心がけたいと思います。

腹八分目が身体を回復させる理由とは
延命遺伝子(サーチュイン遺伝子)は飢餓状態の時にしか現れないのです。
最近の研究で発見された延命遺伝子は、あらゆる動物実験の結果、食事量を4割減らすと寿命が約1.5倍に延びることが証明されました。

スポンサーリンク


posted by アラフォー女性 at | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサーリンク