血管の老化を止める豆腐と青魚の新事実


動脈硬化を引き起こす大きな原因は「高血圧」と「高コレステロール」と言われます。豆腐.png
近年、この原因を予防・改善できる食材があることが判明したとのこと。
TV番組「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で詳しく放送されます。
血管の老化をストップする食材は『豆腐と青魚』といいます。青魚.png


豆腐に含まれる栄養素

今年9月、「国立循環器病研究センター」からこんな研究成果が発表されました。
「豆腐」に含まれる栄養素を多く摂取している人は、あまり摂取していない人に比べ、心筋梗塞発症のリスクがおよそ30%も低かったそうです。
その栄養素には、余分な塩分を身体の外に排出する働きがあるとのこと。
高血圧を防ぎ、血管の老化を止める効果が期待されている栄養素なのです。

青魚が血管の老化を止める

青魚のDHAやEPAが血液サラサラにして、血管を若返らせてくれるのは有名ですね。
番組では、最新研究で「青魚が血管の老化を止める」という新たな真実なのです。
青魚を食べることで身体に変化が起きるのは、「コレステロール値」だといいます。
今回紹介する研究では、青魚には善玉を増やさなくても、血管にたまった悪玉を減らすパワーがあることがわかってきたというのです。

一日に必要なEPAやDHAを青魚で摂取するなら、イワシなら一匹で摂れます。
詳しくは⇒青魚のEPAやDHAで免疫力向上

スポンサーリンク


posted by アラフォー女性 at | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク