スポンサーリンク

キノコを食べればインフルエンザ症状が軽くなる


今年は寒さも厳しく、インフルエンザが猛威をふるっています。
そんな中、「キノコを食べるとインフルエンザに感染しても症状が軽くなる」という研究結果が発表されました。

キノコ.jpg
富山大学大学院の安東嗣修准教授(薬理学)がマウスを使った動物実験で初めて確認した。

普段からキノコで抵抗力をつけておけば感染予防につながるほか、副作用がある治療薬の使用量も減らせる可能性があるという。 

キノコ生産大手「ホクト」(長野市)との共同研究で、滋賀県で開かれた日本機能性食品医用学会で発表した。

マウスに体重の1000分の1に当たる約30ミリ・グラムのキノコを7日間与え、新型インフルエンザと同じA型H1N1ウイルスを感染させた。

その後も9日間、キノコを食べさせ、生存率や体重の減り具合を調べた。

生存率を比較すると、通常の餌しか与えなかったマウス群が5割だったのに対し、ブナシメジを食べた群は7割、ホワイトシメジの群は9割で、ホンシメジ群はほぼ10割だった。

また、感染後の体重の減り具合もキノコを食べた群の方が少なかった。

安東准教授は「キノコは安くて安定供給できるうえ副作用もないので、新薬開発に役立つ情報提供につなげたい」と話している。

キノコの特有成分「β‐グルカン」が、体内の免疫機能を活性化する。

つまり、ウイルスや細菌などの侵入を即座に感知し、無害化するしくみを強化します。

風邪やインフルエンザなどの感染症にかかるリスクを低減してくれます。

私は、キノコを毎日のように摂っていることが、風邪やインフルエンザに感染しない丈夫な体質を作っているのかもしれない。

鍋.jpg
鍋料理には欠かせないキノコ、鍋料理が大好きな私には極めて有り難い研究発表に思えます。


インフルエンザ予防に関連する記事です

◆◆ インフルエンザ対策には免疫力が大切です  ◆◆

◆◆ 話題のインフルエンザ対策にプラズマ乳酸菌 ◆◆

スポンサーリンク


【インフルエンザの最新記事】
posted by アラフォー女性 at | インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック