ヒートショックプロテインで元気になる加温生活


世界一受けたい授業で「ヒートショックプロテイン入浴法(HSP入浴法)」が放映されていたのを見て、さっそく実行しました。
HSP入浴法.jpg

私は低体温のため免疫力が弱く、健康維持のために温泉に時々行っていますが、自宅のお風呂でできる入浴法なので、手軽でお金もかかりません。

ヒートショックプロテイン入浴法で体を加温すると本当に元気になります。加温健康法)


▼▼加温生活 「ヒートショックプロテイン」があなたを健康にする書籍をご紹介します▼▼
 【送料無料選択可!】加温生活 「ヒートショックプロテイン」があなたを健康にする (単行本・ム...


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ヒートショックプロテイン研究、マイルド加温療法の第一人者、バンダナ先生が教えてくれる週2回「体に熱を加える」新しい生き方と健康法。


【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 ヒートショックプロテインの正体。
第2章 加温すると起こる体にいいこと。
第3章 健康の万能薬、ヒートショックプロテイン。
第4章 「ヒートショックプロテイン入浴法」があなたの体を元気にする。
第5章 「ヒートショックプロテイン入浴法」の効果的な利用法。
第6章 運動でも増えるヒートショックプロテイン。
第7章 老いを元気に、健康にするヒートショックプロテイン。
第8章 癌治療とヒートショックプロテイン。
第9章 これからの医療とヒートショックプロテイン。


【著者情報】(「BOOK」データベースより)
伊藤要子(イトウヨウコ)
医学博士。愛知医科大学医学部泌尿器科准教授。
1949年愛知県生まれ。
名城大学薬学部薬学科卒業後、名古屋市立大学医学部にて医学博士学位取得。
’85年〜’86年人工心臓で世界的に有名なアメリカ「クリーブランド・クリニック」に留学。
’95年日本ハイパーサーミア学会優秀論文賞受賞。
日本ハイパーサーミア学会評議員・学会認定指導教育者、日本臨床生理学会評議員、日本血栓止血学会評議員、日本癌学会会員、日本放射線学会会員、日本泌尿器科学会会員、日本温泉気候物理医学会会員など多数の学会に所属(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

スポンサーリンク


posted by アラフォー女性 at | 低体温 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク